• ホーム
  • SEOを有利に進められる中古ドメインの魅力とは!

SEOを有利に進められる中古ドメインの魅力とは!

Pc のキーボードで入力する人間の手

中古ドメインはSEOに良い影響を与えるということが言われています。
中古ドメイン自体をGoogleは禁止していませんので、過去にペナルティを受けていない中古ドメインであれば大丈夫です。
ドメインとコンテンツの質さえ保つことができれば、別に構わないということです。

中古ドメインを利用したいと思っている人は、既に一度評価されているという面で大きなメリットを感じることがあります。
マイナス部分を引き継ぐこともあるかもしれませんが、逆にプラス部分を引き継ぐこともあります。
プラス部分を引き継ぐことができれば、有利だと言えるでしょう。

価値があるドメインは、過去にしっかりとGoogleにて良い評価を受けているということです。
新規ドメインであれば0からのスタートになりますが、価値のある中古ドメインであればプラスからのスタートになりますので、比較にならないほど有利な状況からスタートします。
リスク無しでいい恩恵を受けることにも繋がりますので、SEO対策にとって良い状況です。

中古ドメインの場合は新規ドメインと違って、すでにいくつか被リンクを持っていて、過去の運用履歴が登録されていますので、格段にインデックス速度が速いです。
もしかすると、すでにインデックスが行われているならば、検索結果への反映速度が速い可能性があります。
良質なコンテンツを作った時に中古ドメインであればすぐにGoogleに反映することが可能ですので、すぐにどういう風に反映しているのかを確認することが可能です。

新規ドメインであれば、Googleに認識されるまでに時間がかかります。
Googleへの反映速度が遅いためにそうなってしまうわけです。
この間というのはサイトが無い状態と変わりませんので、何も意味がない状況になります。
インデックスが行われるまで1か月から3か月ほどという相当な時間がかかりますので、その期間がとても無駄なことになります。

中古ドメインを使うのに、メリットやデメリットを比較しながら利用するのが望ましいです。
メリットとしてはあらかじめ被リンクや運用履歴を持った上で運用することが可能ですので、比較的良い状態から始めることが可能です。
あとはSEO対策に力を注げばいい状況になります。
デメリットはペナルティを受けているものを引き継ぐと、新規ドメインよりも悪い状況になるということです。
適切に良い中古のドメインを選ぶことができるのかどうかが結果的に重要になってきます。