• ホーム
  • Googleが評価するE-A-Tとは何なのか?

Googleが評価するE-A-Tとは何なのか?

ボードで入力する女性の手

最近のGoogleではコンテンツをE-A-Tを重視して評価をしています。E-A-Tとは品質が高いコンテンツが持つ3つの条件に該当します。Eは専門性を示すExpertiseの略、Aは権威性を示すAuthorityの略、Tは信頼性を示すTrustworthinessの略です。このExpertiseとAuthority、Trustworthinessという要素を持たなければ、Googleでの評価は下がる一方で、上位に表示することが出来ないです。

専門性ということで言えば、ある特定の分野に特化したコンテンツについては評価が高いです。それもある程度の専門性が高い記事でないといけません。特化するのはいいですが、それに専門性が組み合わさって初めて意味を持ちます。異なる角度から分析をすることが出来たり、一定以上のボリュームで説明をすることが出来たりするのは当たり前のことです。

専門性を高めるためには、いろいろと文献をあさったり、専門家の話を聞いたり、経験を踏まえたりすることです。自分にしかない経験や知識があると、専門性があるという風にみなされます。自分が知っている分野に特化してコンテンツを書くことをおすすめします。

権威性というのはそのコンテンツを信用できるのかということです。信用できるのかどうかを決めるのは、記事が有るからではなくて、記事に信憑性があるのかということがポイントになります。書いている人の経歴がすごかったり、質の高い記事を書き続けたり、有益な被リンクを獲得したり、サイトの運営歴が長かったりするなどが権威性の高い記事になります。

権威性を高めるためには、運営者の名前を開示したり、有名どころから被リンクを獲得したり、公的機関などの情報を引用したり、記事がいつ公開したのかを開示するなどが重要です。このように今すぐできる対策をした上で、コツコツと記事を更新し続けなければいけないでしょう。

信頼性というのは運営者情報を開示しているのかどうかというのがキーポイントです。どういう人が書いているのかということが分かるからこそ、信頼が持てたりします。個人の場合であれば、住所や電話番号までは開示する必要はありませんが、どういう人が書いているのかわかる程度には公開するべきです。法人であれば、きちんと公開したほうがいいと思う情報については積極的に開示します。

SEO対策のために今やE-A-Tを意識してコンテンツを提供しないとなかなか評価されづらくなっています。ユーザーから信頼されるコンテンツを作成するようにやってみるしかないです。