• ホーム
  • 間違った記事のリライトをしていませんか?

間違った記事のリライトをしていませんか?

一度記事をアップさせただけで終わりというのではいけなく、アップした時にアクセス数がアップするなどの具体的な効果が無ければいけません。今まで効果が薄かったということであれば、過去に投稿した記事をリライトするだけでも、効果を出すことができます。新しい記事を書くことも重要なことですが、既存のものをメンテナンスをするだけでも違ってきます。

リライトをするのであれば、一気にやってしまうのではなく、徐々にやっていくことがポイントです。一気にやってしまうとどの部分が効果があって、どの部分が悪かったのかという検証をすることができないからです。目的を持って少しずつ改善をしていけば、効果を確かめることにもつながります。問題点がある程度はっきりしてきた段階で、すべての記事に対して改善を施せばいいでしょう。

リライトの方向性として、検索意図に合ったキーワードを選んでいるのかということです。漠然と書いたとしてもアクセス数が上がることはありませんので、どういうキーワードで検索されたいのかという検索意図をはっきりさせます。キーワードを明確化しなかったという問題点が発見できたのであれば、過去の記事を修正して、キーワードを明確にしながらコンテンツを作り上げていきます。せっかくであればタイトルにもキーワードを入れるように工夫してください。検索結果にはタイトルが表示されますので、タイトルの文言もしっかりと決めます。

見出しタグを適切に使って、そこを読むだけでユーザーは理解できるのかどうかというのも大切なことです。見出しタグは文字の大きさなどを強調するためにあるのではなく、ページの構造を分かりやすくするためにあります。間違った使い方をするとSEOにも大きな影響を及ぼすことにもなりますので、注意しましょう。見出しを流し読みしてもある程度の記事の内容を理解できるのかどうかというのはポイントです。見出しを見て要点が分からないのであれば、見出しの構成と共に文言も修正する必要があります。

過去に執筆したコンテンツそのものに対して、情報の鮮度が高いのか、情報に漏れが無いのかなどをしっかりと確認してみることも重要です。記事を執筆することは、ユーザーに対してある目的を達成したいという方向性があるわけですので、その方向性に沿った形で解説しなければいけません。その中で、情報に信憑性があるのかどうか、質が高いかどうかはしっかりと検証する必要があり、そこで情報に漏れがあってはいけないです。間違っているものは修正して、漏れがあるならば追加するなどして最新の情報を提供します。