News
キーボードで入力する人

SEOによるメリットの一つとして、初心者向けの施策を行うだけで、広告費を削減する効果があるということです。SEOはWebのマーケティング施策の一つではありますが、広告戦略ではありません。検索エンジンを最適化することによって上位表示を目指すための取り組みです。初心者でも取り組むことができるという意味で取り組みやすいので、すぐに結果反映をすることができます。

いろいろな媒体に広告を出すともなると、広告費がそれなりにかかります。広告費をかけたとしても、それに見合うコストなのかどうかというのは、常にチェックが欠かせません。それに対して、SEOであれば、広告費を出す必要が無く、そのための対策を外注するための費用をかけるだけで済みます。外注しないのであれば、自分たちで内製化することも可能です。マンパワーはかかるかもしれませんが、取り組みやすい方法ではあります。

SEO対策をすることによって、情報の真偽を見極めるというメリットがあります。いくらそういう対策をしようと思っても、根本的に正しい情報でなければ上位表示をするということはありません。広告により上位表示をさせるよりも、SEO対策をした方がより効果があるということを示します。ユーザーにとってはあるキーワードで検索をかける時に、上位表示されているものが正しい情報だという風に認識してクリックをします。ブランド力があって効果的な情報だなと思えば、継続的に上位で表示されるということです。

SEO対策のデメリットに当たるのが、一人では時間がかかるということです。本当の意味で対策を内製化するとなると、労働コストがかかります。実際に対策をして結果反映につなげるためには、時間がかかることが予想されます。ブランド力がすでにある会社であれば、それほど時間がかかるということは少ないかもしれませんが、そういうところでない場合には、労働コストをかけた上で行わないといけないです。

Googleにおいて上位表示されるアルゴリズムが公開されているわけではありませんので、成果を確実に保証するというものでもありません。成果が見えればいいですが、場合によっては成果がいつ見えるのかわからないということが、デメリットになります。短期的な成果を求めるのではなくて、中長期的な成果を求めてSEO対策をしていくことがポイントです。

メリットとデメリットを比較した時に、SEO対策をすることは企業のブランドイメージを作る上でメリットの方がとても大きいです。